蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

3 / 26ページ

宮崎県の青島にいったら「釜揚げうどん岩見」の魚ずしがおすすめ!

釜揚げうどん岩見は、宮崎市に2店舗あります。
今回は青島にあるお店を紹介します。

店名:釜揚げうどん岩見
住所:宮崎県宮崎市青島2-9-5
電話:0985-65-1218

宮崎の釜揚げうどんの有名店といえばたくさんありますが、釜揚げうどん岩見もその一つとなります。
ここは宮崎観光のメッカで青島海水浴場や、青島神社など観光地として見どころも多いところで、観光客の方も何度も訪れている場所だと思います。

釜揚げうどん岩見の場所は、青島駅から見て真正面にある一軒家で古風溢れるうどん屋さんです。
中に入るとジャイアンツで活躍したプレーヤ―の写真や、色紙がずらっと飾られています。

さて釜揚げうどんの前に、岩見に来た際必ず食べて欲しいのが、「魚すし」です。

見た感じ、「しめ鯖」的な感じがしますが、決してそうでなはく、臭みのないさっぱりした光物のお刺身が、酢飯との相性も抜群といった感じで、
さっぱりと頂く事が出来ます。

地元の人間からすると、必ず釜揚げうどんとセットで魚ずしを頼むのは定番です。
なので是非お試しください。

釜揚げうどんはというと、宮崎のうどんからすると、若干腰は感じるもののつるつる入っていくようなのど越しの良いおうどんで、あっという間に食べきってしまいます。
釜揚げうどん岩見の場合、釜揚げうどんと、魚すしのセットで十分だと思います。お値段は500円~1000円程で大変お安く堪能できます。

お店は11時前から列ができ、たいがい順番待ち状態となりますが、お店の方の接客はとても丁寧で親切に対応してくれます。
青島に観光されるときは必ず立ち寄ってください。

pasta Passo a Passo、兵庫県猪名川町にある本格イタリアンレストラン

猪名川町の本格イタリアンのお店、pasta Passo a Passo(パスタ パッソ ア パッソ)はパスタとピザの他にアラカルト、コースメニューも用意された本格イタリアンのお店です。
お店の基本情報は次のとおりです。

店名:パスタ パッソ ア パッソ pasta Passo a Passo
住所:兵庫県川辺郡猪名川町紫合字白山前589-1
電話:072-765-0724

pasta Passo a Passoは2016年ミシュランガイド兵庫特別版にも掲載されました。

店内は大きな窓がありアットホームでカジュアルな雰囲気の入りやすいお店です。
pasta Passo a Passoは店員さんの接客も自然でとても居心地がいいお店です。

pasta Passo a Passoおすすめのメニューは女子会ランチ!ファミリーに大人気!
ランチもディナーもシェアでお得な いち押しセット!です。

・お好きなパスタ 2皿(例 2皿ともWサイズ選択でレギュラー×4皿分になってお得です!)
・お好きなピッツァ 1皿(ソースのベースが同じでしたら、ハーフ&ハーフも可能!)
・ソフトドリンク 最大5名様分まで(ご来店人数まで)
・さらに!パスタの具材、ピッツァのモッツァレラチーズ2倍!にも

で4780円(税抜)なのでとってもお得です。

ママ友と子連れランチ(ママ2人と子ども4人)でちょうど良い量でした。
pasta Passo a Passoはパスタの種類も豊富で、ピザもとてもおいしいです。

特にピザのガンベリ1700円(税抜)(えび ブッファラ ルッコラ ブラックペッパー グラナ粉チーズ)はぷりぷりのエビにブラックペッパーの効いたクリームソースがとてもマッチしていておすすめです。

イタリアワインも豊富に用意されていて月に2~3回、生演奏(ピアノ、フルート、ギター等)を行っています。
日時などの詳細はお問い合わせください。

pasta Passo a Passoは、様々なシーンで利用できるおすすめのお店です。

梅田は茶屋町の隠れ家的な人気の焼鳥屋さん「カッシーワ」

大阪梅田の茶屋町にある知る人ぞ知る飲み屋街であるかっぱ横丁の2階に店舗を構える隠れ家的なお店「カッシーワ」をご紹介いたします。

カッシーワのおすすめ料理は、【飲み放題付】名物鶏もつ鍋と月見つくねコース4000円です。
うれしいことに、名物の月見つくねと名物もつ鍋を同時に味わうことができる贅沢&欲張りなラインナップとなっております。

前菜の砂ズリの粒マスタード和えや笹身と黄桃のタルタルは女子受けすること間違いありませんし、スモークチキンのミモザサラダや自家製の酢醤油でいただく鶏もつ鍋には、ワンタン風の餃子の皮も入っていて、モツを巻いて食べると絶品です。お鍋はシメに雑炊にすることもできるので、大満足間違いありません。

なお、カッシーワの接客については、チェーン店としては及第点かなといったところです。
予約をすれば、2名であってもテーブル席を確保できます。

また、カッシーワは飲み放題の選択肢が豊富で、ワインなどは高級感あるグラスに並々と注いでいただけるので、ありがたいと思いました。
また、誕生日や記念日であれば、ケーキの持ち込みが無料となりますので、使い勝手が良いと言えそうです。

店名:カッシーワ 茶屋町店
住所:大阪府大阪市北区芝田1-7-2 阪急かっぱ横丁 2F
電話:050-5872-5750

酒処さつき、大阪市中央区難波千日前なんばグランド花月の1回にある居酒屋

店名:酒処さつき
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11−6 なんばグランド花月
電話:06-6641-5155

お笑い劇場として有名ななんばグランド花月。
その1階に、実は居酒屋さんがあるんです。
酒処さつきというお店で、いつも多くの人で賑わっているお店です。

メニューは豊富にありますが、酒処さつきは海鮮系の料理が多いですね。
そのためか人気メニューも海鮮系が多い。

まずはお造り五種盛り。
平目にカンパチ、マグロ、真鯛、シマアジという内容でした。
どのネタも食感と味が素晴らしいです。

それと酒処さつきで珍しいなと思ったのが、穴子のお造り。
火を通しているのはよくありますが、お造りにいているのは珍しいのではないでしょうか。

他の地方ではあるのかもしれませんが、関西のお店ではあまり見ません。

どんな味かなと思って食べてみると、脂がのっていてうまい。
初めて食べたのですが、お造りで食べてもこんなに美味しいんだと思いました。

穴子一本揚げというメニューも食べてみたのですが、こちらも絶品。
サクサクした衣に、ふっくらとした穴子の食感。
そしてボリュームがある。
穴子ってどう料理しても美味しいんだなと思いました。

魚介系だけでなく、酒処さつきは肉料理もおすすめ。
ローストビーフだったり、豚しゃぶサラダなんかも人気の一品です。

料理も美味しいですが、賑やかな酒処さつき店内の雰囲気も良いですね。
さすがなんばグランド花月にあるお店。
自然と笑顔になれるお店でした。

暑い日はやっぱりざるそばってことで、船場にある独活庵へ

店名:独活庵
住所:大阪府大阪市中央区船場中央2丁目1−4 4号館B2 B215 船場センタービル
電話:06-6263-1123

暑かったので船場センタービルに避難して、そのままお昼を食べることに。

船場センタービル内に入っているんですが、そこで気になるお店、独活庵を発見。
独活庵はお蕎麦屋さんなんですが、店構えが本格的で料理が美味しそう。

真夏で熱かったので、そばはちょうどいい。
そんな感じでお店に入りました。

独活庵のお店は越前そばです。
越前そばって食べたことがなかったのですが、弾力のある食感でのどごしが良い。

そして風味も良くて、めちゃくちゃ美味しいです。
暑い日はそばに限るなと食べていて思いました。

私は天ぷらとのセットを頼んだのですが、天ぷらも絶品。
野菜などの食材にこだわっていて、旬の食材の天ぷらを味わうことができるのです。

特に美味しいと思ったのがイワシの天ぷら。
天ぷらにしても身がふっくらしていて、味も素晴らしいです。

魚といえば、しらす丼のセットもいいですね。
シンプルなメニューなんですが、しらすの量が多い。

ほどよい塩加減で食べやすい。
こちらも暑い日に食べたくなるメニューですね。

独活庵のお店はお酒の種類も多いので、お酒が好きな人にもおすすめです。
私はお昼時に行ったので飲みませんでしたが、夜だったら飲んでいただろうな。

独活庵は酒に合いそうなメニューもありましたし、次はお酒を飲みに行こうと思いました。

いちりん、勝浦の地元民にも愛される人気店魚が美味しい郷土料理店

いちりんは、よくある観光客向けのお店とは違い地元民の飲み会にも使われたりなど地元民にもしっかり愛されている超人気店です。
お店自体は狭く、またとても人気があるのでランチタイムなどは並んでしまうのですがその価値ありの美味しさです。

寡黙ですが優しいご主人と、接客担当の気さくで明るい奥さんがいて、いちりんは接客態度もとてもよく落ち着くお店です。
夜の居酒屋も様々な創作メニューや名物がたくさんありとてもオススメなのですが、初めての方にはランチをおすすめいたします。

いちりんのランチは丼や定食など数種類ありますが、特におすすめなのは「あいのり丼」(1380円)です。
こちらのあいのり丼はなんと生マグロとネギトロが乗った豪華なダブル丼となっております!

勝浦の新鮮な生マグロとネギトロ両方食べたい…という贅沢な方におすすめです。
勝浦産の生マグロの濃厚でしっかりモチモチとした食感とネギトロの口の中でとろけるねっちりした食感がなんとも言えず美味しいです。

どちらも脂がのっておりこの丼1つで満足いたします。
いちりんは、店自体は少し駅から遠いのですが、商店街の中にあるのでわかりやすいかと思います。

店名:いちりん
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地4-4-19
電話:0735-29-7911

東京根津で珍しい台湾系スイーツが食べられる「愛玉子」

店名:愛玉子
住所:東京都台東区上野桜木2丁目11-8
電話:03-3821-5375

スイーツは星の数ほどありますが、最近では様々な種類がコンビニなどでも手軽に食べられるようになり、どれも少し食傷気味になってしまいがちです。
そんな中で東京根津にある「愛玉子」では、台湾の伝統的スイーツである愛玉子を様々なアレンジで楽しむことができます。

下町スイーツの老舗である愛玉子は、なんと80年前から同一店舗で営業を続けており、その店構えは昭和レトロそのもの。
スイーツの美味しさだけでなく、根津という街にも溶け込んだ歴史と風情を感じることもできます。

愛玉子おすすめのメニューはまさに店名通りの「オーギョーチイ」です。
一人前450円。

ナタデココとゼリーの中間のような不思議な歯ごたえと、レモンシロップのほのかな酸味や甘さが特徴です。
オーギョーチイはスイーツとしてだけではなく、現地では漢方薬としても重宝されており、美容や健康に興味がある方にもおすすめです。

その他に、オーギョーチイを様々にアレンジした、「チーあんみつ」「チークリーム」なども用意されており、それぞれの好みに合わせた注文が可能です。

愛玉子の接客は、昔ながらの個人経営の店らしく、チェーン店のような規格化された愛想の良さはありません。
しかし家庭的で落ち着ける雰囲気の中で、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

3 / 26ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén