蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

2 / 7ページ

東京都新宿、「築地食堂源ちゃん」のがっつりランチで大満足!

ランチ時に源ちゃんにお邪魔しました。
外観がかなりそそられます。
ここ絶対美味しい店だろ、然としています。
吸い込まれるように入店です。

そこでランチメニューのラインナップの多さにびっくりしました。
その種類なんと27種類。
日替わり定食に始まり海鮮丼だけで9種類、刺身定食や焼き魚定食などの魚系定食が6種類、その他ハンバーグやとんかつなどのお肉系も揃っています。

サイドメニューも充実しています。
お値段は全て1000円前後で、リーズナブルです。

わたしたちは焼きトロさば定食や和風おろしハンバーグ定食にもそそられましたが、ここは海鮮だろうと源ちゃん丼、海鮮あられ丼、いくらとサーモンの親子丼をオーダーしました。
なんでもこちらのお店の魚は全て築地から直送されているとのこと。

おそらく源ちゃん丼と海鮮あられ丼の具材は日替わりなのだと思いますが、源ちゃん丼には7種類のお刺身がのっていて、海鮮あられ丼は敷き詰められた錦糸玉子の上に海鮮がのっているちらしタイプでした。

お魚は新鮮でとても美味しかったし、お客さんも多く活気ある店内でしたが、そう待たされることもありませんでした。
なかなか立ち寄らない場所なのですが、機会があれば寄りたいお店です。

店名:築地食堂 源ちゃん
住所:東京都新宿区新宿2-3-15大橋御苑ビル1階
電話:03-6380-1901

鹿児島で地鶏を食べるならココ!「炭焼道場玉ちゃん」は至高の味。

鹿児島と言えば地鶏が有名ですが、数ある鹿児島の名店の中でもこのお店以上においしい地鶏を提供するところはありません。
その名も炭焼道場玉ちゃん。

相撲をやっていたというご主人が提供する地鶏の炭火焼は香ばしく、身がぷりぷりで非常にジューシー。
一度頼んで食べ終わったらまたもう一回頼んでしまう、そんな味です。

また、鹿児島には鶏刺しというものが存在します。
なんと、鶏肉を生で食べるのです。
鹿児島や宮崎では食べられるのですが、他の県の方にはなじみがないと思います。

炭焼道場玉ちゃんでは、この鶏刺しの味も格別。
他の店では考えられないくらい一切れが大きく、口の中で噛めるのだろうかと心配になりますが、身は非常にやわらかく、すぐになくなってしまいます。
鶏刺しも赤身と白身があり、赤身は非常にうまみがあり、白身はとてもさっぱりとした味わいです。

さらに〆には鶏飯が最高です。
鶏飯というのは奄美で食べられる郷土料理なのですが、ご飯に鶏肉と玉子や漬物をのせ、鶏ダシスープをかけていただきます。

この炭焼道場玉ちゃんでは、とにかく鶏ダシスープが濃厚。
その割には自然と口の中に入ってくるような食べやすさも持ち合わせています。

もちろんお酒も鹿児島の焼酎多数あり。
鹿児島で地鶏を食べるなら、炭焼道場玉ちゃん上のお店はなかなか見つからないと思います。

店名:炭焼道場玉ちゃん
住所:鹿児島県鹿児島市西田3丁目4-31
電話:099-255-0503

川崎市、「CONA 鹿島田新川崎店」は窯焼きピザが500円均一!

女子会でかなりの人数で行きました。
CONAは、JRの鹿島田駅から新川崎方向に少し歩き、道路沿いから少し逸れたところにあるお洒落なお店です。
イタリアンなバーといった雰囲気ですが、子供もたくさん連れていきましたがとても親切に対応して下さいました。

CONAの店内はログハウスなつくりで丸太を半分に割ったベンチの席が広々とあり、DVDやサッカーなど試合でも上映するのでしょうか、大きなモニターがありました。
子供をたくさん連れて行ったからか、たまたまか、disny映画を流してくれていました。

飲み放題メニューのお酒がとても種類が多くて、赤ワイン白ワインなら1000円で飲み放題ですが、500円追加でビールやカクテルも飲める様になります。
何と言っても、CONAが石窯焼きピザが500円均一メニューなんです!
熱々で美味しいピザを何種類かシェアして食べてもお会計で安心のプライスです。

カクテルのグラスも瓶のようなグラスでお洒落だし、美味しいお酒でした。
店員さんは若くて元気な方ばかりで、とても感じが良かったです。
今度はお酒好きな旦那さんをつれて、家族でCONAに行きたいなと思っています。

CONA 鹿島田新川崎店
神奈川県川崎市幸区鹿島田1-8-42新川崎ビル1F
050-3477-5752

滋賀県彦根市、琵琶湖が近い「ココスレイクサイド店」。

こちらのココスレイクサイド店は、他のココスよりも差別化していて良いところです。
まず、琵琶湖が目の前に現れます。
そして、美味しい料理と気持ちの良い接客。

料理の中で、おすすめしたいのが、ビーフハンバーグステーキ!
こちらは、レアでハンバーグ運ばれて来ます。
そして、近くに熱々の火山石がありますので、そこで自分の好きな加減でやきあげます。

これがジュウシーでうまい!
柔らかい! あつあつ! ジュウシー! 美味しい! 良い景色!

他にも、ご飯かパンを選択できます。
平日は、スープも無料でいただけます。
このスープがまた美味しい!

あと、ドリンクバーもおすすめいたします。
お茶、紅茶は、Tパックにて準備されていますから新鮮な味を楽しめます。

やはり、食事というのは、景色がいいと2倍くらい美味しく感じます。
滋賀県の琵琶湖を一望しながら、料理をいただける、このココスレイクサイド店。
私は、とても安らぎを感じますし幸せを感じます。

皆さんも一度行っていただけたら、食事、接客、景色に圧倒されること間違いなし!
ぜひ、ココスの常連のお客様も一度行かれてみてはどうでしょうか?

店名:ココスレイクサイド店
住所:滋賀県彦根市松原町網代口1435-86
電話:0749-21-2281

岡山で楽しむレゲエとジャークチキン、「ザイマカ」へ、いざ!

岡山駅西口にある寂れた(失礼な言い方?)商店街に、18時を過ぎるころになると、店主がおもむろに立て看板を出さなければ決して見つけることができない、ウナギの寝床のような場所にあるバーがあります。
それが今回紹介したい「ザイマカ」です。

店主セレクトのレゲエ音楽が心地よいバーなので、基本的にお酒メインなのですが、ちょっと面白いのが、食事を楽しみに来るお客さんも結構いるのです。
それもそのはず、店主は海外に料理の武者修行に出かけ、ジャンルにとらわれないおいしい料理を提供してくれるのです。
お通しでさえ、彼のお手製の一品で、行くたびに新しいものが出てきてそれも楽しみの一つになっています。

名物は「ジャークチキン」で、スパイスに付け込んだチキンをこれまたスパイスで炊いたライスと野菜の付け合せのワンプレートは下手なカフェ飯よりもよっぽどおしゃれでおいしいのです。
飲んだ〆にこれをオーダーする人も多い看板メニューです。

その他の料理・お酒も豊富でそれだけでも楽しめるのですが(値段もびっくりするくらい良心的でコスパの高いお店です)、一番の楽しみは店主との会話です。
見た目のインパクトが強烈なのですが、引き出しが多く、また話をしやすい癒しの雰囲気に彼に会いに来る常連さんがほとんどです。
あまり教えたくはないけど、でもおすすめのお店です、近くに行くことがあれば是非お立ち寄りください。

店名:ザイマカ
住所:岡山県岡山市北区奉還町3--7-21
電話:086-254-0420

台東区上野、れんこんと海老のはさみ揚げが絶品!「上野れんこん」。

上野れんこんへ友達と行ってきました!
テレビで紹介されていたので、ずっと気になっていたんですよね。
ということで、予約して上野れんこんに行ってきました。

れんこん料理ではないものもあったのですが、私たちはれんこんばかり食べていました。
中でも、れんこんと海老のはさみ揚げと、フライドレンコンはお勧めです!

上野れんこんのはさみ揚げは、周りのれんこんがサクサクで、中のエビがプリプリ!
しそが挟んであって嬉しいです。
これは家では絶対にできない料理だね、面倒でとてもできないね、と友達と話していました。

フライドレンコンも、とってもカリカリで、芋とは全く違う味わいです。
はさみ揚げは880円、フライドレンコン620円と少々お高めですが、れんこんは高いし、手間を考えたら妥当かなと思いました。
量は少しずつ出てきて、つまんで飲む感じでした。

揚げ物も多いので、お腹が膨れる人は膨れるかもしれないですね。
ザ・飲み屋って感です。

席は、上野れんこん二階の半個室の掘りごたつでしたので、リラックスして飲むことができました。
他にもすっぽん料理などがメニューに書いてあったのが気になりました。
是非予算があったら試してみたいです。

店名:上野れんこん
住所:東京都台東区上野4-9-1
電話:03-3831-5100

まさしく肉を食らう、大阪梅田の茶屋町にあるガブリミートが凄い!

大阪梅田の茶屋町にある”ガブリミート”というお店についてご紹介したいと思います。
ガブリミートは、大阪の名店が集う”茶屋町”の阪急の高架下にあるお店となります。
その名前の通り”肉を食らう”という名前にふさわしい”肉料理”がメインのお店となっております。

ガブリミートの印象としては、年齢層としては客も店員も”若い方が非常に多い”というイメージをいつも行く時に思います。
後は店員の接客面に関しては少しホテル寄りの丁寧な接客を心がけているのか、かなり爽やかな印象を受けました。

その中でも、ガブリミートで特にオススメしたい一品というのがあります。
それがフィレステーキです。
フィレステーキというとどこでも食べれるのではないか?というイメージがあると思うのですが、
ここのフィレステーキは一味も二味も違います。

まず1つは究極にお肉が柔らかい。
2つ目はあっさりした上質な油が口の中に広がります。
3つ目はソース!ソースがこれまたくどくないアッサリしたソースなんですが、これまた美味しいです。

お値段も1980円と割と手ごろな価格となっていて、正直油が良い油なので、たくさんの量を食べれないので、これともう一品ぐらいで意外と満足してしまってお会計をすることのほうが多いです。笑

そのほかの価格帯は少し見た目は高いように見えますが、上記でも申し上げた油の質の良さから満足感は高いです^^
2~3杯ビールを飲んで食べても、成人男性のわたくしでも5000円行かないぐらいと、そこまで高く無かったので、結構な頻度でガブリミートに通っていたりします♪
ぜひ参考にしてみてください!

店名:ガブリミート
住所:大阪府大阪市北区芝田1-15-21
電話:06-6374-4411

2 / 7ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén