蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

2 / 26ページ

花野そば、由布院にある行列になるほど人気の蕎麦店

開店前からそば通の常連客が並んで待機しているほどに人気のある【花野そば】は、ランチタイムとなる11:00から営業していますが、そばがメインとなり、そのそばが売り切れ次第で営業を終了するため、土日祝などは早い時間から並んでいたい、そうした行動を起こさせる蕎麦屋です。

花野そば店内も和テイストで、シックな雰囲気がありますし、お蕎麦だからこそ、回転率がよいのもウリです。
オーダーも通りやすく、スタッフも常に席を目を配ります。

ちなみに、そばは石臼で引いた粉を毎朝40分かけて捏ねるそうで、細めのそばは繊細な香りが特徴的です。

花野そばイチオシは、ざるの生粉打ち(1080円)ですが、二八(864円)との食べ比べをする方々も少なくありません。
もちろん、かけそば(864円)もありますが、隠れメニューとしてあるのが、しっかりダシが効いた玉子焼きです。

常連客の多くが注文するようで、ふっくらとした厚みがあり、たまごのコクを堪能できるようで、コチラの花野そばには、日本酒もあるので、アテにする方々もいるようです。
もちろん、そばに小さな丼物がセットになったり、美味しい和食がいただけます。

店名:花野そば
住所:大分県由布市湯布院町川上2715-4
電話:0977-84-2008

もつ千 五反田西口店、品川区西五反田にあるリーズナブルに飲める居酒屋

店名:もつ千 五反田西口店
住所:東京都品川区西五反田1丁目25−1 KANOビル B1
電話:03-6431-8850

東京出張へ行ったときに、良いなと思ったお店があります。
それは、五反田にあるもつ千というお店です。

もつ千は本店が赤坂にあり、他にも都内に何店舗かあります。
徐々に増えているようなので、人気があるようですね。

もつ千の何が人気なのかというと、まずは料理が美味しい。
さらに、その料理を安く食べることができる。
これ尽きるのではないでしょうか。

東京が物価が高いので、飲食店のメニューも値段が全体的に高めだなと思うことがあります。

しかし、もつ千は安い。
大体のメニューが500円以下で食べることができ、地元より安いのではと思うほどです。

値段の話はこのぐらいにして、もつ千おすすめ料理は何なのか。

やはり、もつと焼き鳥でしょう。
専門の業者から、毎日新鮮なもつを仕入れています。

下処理にも手を抜かず、焼き加減も上手い。
そのため、もつ千の焼き鳥や串焼きはどれを頼んでも美味しいです。

私は特にマルチョウ焼きが好きですね。
もつ煮込みなんかもお酒が進む定番のメニューです。

飲み会をするのであれば、2980円から飲み放題付きのコースがあります。
都内のお店でこの値段はかなり嬉しいですね。

大衆居酒屋という感じで、気軽に入れるのも良いです。
どこで飲もうか迷ったら、もつ千がおすすめですよ。

長野県の国道152号線沿いにある美味しい手打ち蕎麦の利休庵

店名:利休庵
住所:長野県小県郡長和町大門姫木3518
電話:0268-69-2337

利休庵は長野県の小県郡にある、美味しい手打ち蕎麦のお店です。
どこか懐かしいような古民家のような外観、店内も素朴な雰囲気で温かみを感じます。

寒い日だったので、温かい天ぷら蕎麦と鍋焼きうどんを注文しましたが、利休庵では十割蕎麦を注文しているお客さんが多かったです。
手作りの手打ち蕎麦なので長さや太さはまちまちなのですが、とても弾力があり、しっかりとした印象のお蕎麦でした。

利休庵は、おつゆの出汁や濃さもちょうどよく、とても美味しかったです。
鍋焼きうどんもおつゆが本当に美味しかったです。
山菜、お野菜、かまぼこ、卵に天ぷらと、とても具沢山なのも嬉しいです。

利休庵は、お蕎麦だけでなく天ぷらも良かったです。
普通の天ぷらの他に蕎麦粉で揚げた「黒天ぷら」もあり、色の濃い頃もが印象的です。
どちらも揚げたてのサクサクがとても美味しいです。

利休庵は、デザートのチーズタルトも外せません。
タルト生地にダッタンそばを使っているそうで、ルチンという栄養が含まれているようです。

ほどよい甘さで口どけもよく、とても美味しいのです。
お蕎麦の後のデザートにぴったりのスイーツです。

私は開店少し前にお店に行きましたが、既に数名の方が待っていました。
開店後はあっという間に満席になり、利休庵の外にも待っている方が大勢いらっしゃいました。
特に休日は早めの来店をお勧めします。

はちれん、沖縄県読谷村で有名な梅つけめんの店

沖縄県読谷村にあるはちれんについてご紹介します。
はちれんは11時半から営業をします。
営業開始早々行列ができるほどの人気店です。

店名:はちれん
住所:沖縄県中頭郡読谷村喜名2346-11
電話:098-958-6471

はちれんの一番おすすめ商品は梅つけめんになります。
程よい梅の味としそが混ざり合い面と絡み合うことによって梅本来の味を楽しむことができます。
また、トッピングとしてめんまを追加することが筆者のおすすめの食べ方です。

はちれんのめんまは他のお店と違い噛み応えがありスープとの相性が良いです。
スープは濃ゆいための見たいと思った方には割りスープをご利用することができます。

少しスープが冷めたりスープも飲んで楽しみたい方にはおすすめの食べ方です。
トッピングには煮卵やチャーシューなど豊富な種類があるのでたくさんの味を楽しむことができます。

また、梅つけめん以外にも普通のつけめんやラーメン・餃子など豊富なメニューがあります。
どれも美味しく楽しめる食事になります。

はちれんはいつも忙しそうですが接客態度も素晴らしく何度も通いたくなる場所です。
値段もかなりリーズナブルで800円~となっています。
読谷に行った際にはぜひ食べたほうが良い場所です。

個室居酒屋 くいもの屋わん 熊谷店は料理が美味しい居酒屋

熊谷にある個室居酒屋くいもの屋わんは、美味しい肉料理が食べられるのでおススメです。

店名:個室居酒屋 くいもの屋わん 熊谷店
住所:〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波2-49 五大ビル5F
電話:050-3312-7708

熊谷の個室居酒屋くいもの屋わんは、美味しい肉料理が食べられるのと、デカいサイズの料理があり、面白いお店です。

くいもの屋わんでよく注文するのが、特撰!牛イチボ肉のロゼステーキです。
価格は1300円です。
牛肉のモモ肉でとても肉の旨味が強くて、とても美味しいです。

牛肉は柔らかくて、ジューシーさがあり、どんどんと食べ進んでしまいます。
ボリュームもしっかりとしているので食べ応えも満足できる一品です。

くいもの屋わんで他にもよく注文するのが、でっかい鶏唐!ジューシー揚げの塩にんにくソースです。
価格は690円です。

とりの唐揚げがとにかく大きくて皿いっぱいに盛り付けてありボリュームがあります。
そして、ニンニクソースとの相性が良くて、味とボリュームに大満足できます。

他にも、でっかい!!熱々鉄板餃子です。
価格は490円です。

大きな餃子で食べ応えがあり、肉汁たっぷりでとても美味しいです。
大きなサイズなので注文していて楽しい料理です。

他にも、色んな肉料理やサイズ大きい料理などがたくさんあり、ボリュームも味も大満足できます。
そんな、料理が食べられる個室居酒屋くいもの屋わんは、オススメできる飲食店です。

レストランテ・チョウジ、山形駅近くにある手軽で美味しいイタリアンレストラン

山形駅に電車で降り立つと、以外とご飯を食べる場所をどこにしようか迷ってしまうことが多いです。
電車移動イコール徒歩だから!
山形の人って近くに行くときも車で移動することが多い車民が多いのです。

そんな時見つけたのが、山形駅西口にあるイタリアンレストラン「チョウジ」。
ちょうど、大きな建物山形テルサの向かえにあるお店です。

駅前なのにさすが山形!
駐車場もきちんと完備されております。

チョウジのたたずまいはシンプルで、店内も照明が明るすぎず落ち着いた雰囲気。
テーブル席が沢山あり、ソファーの場所もあります。
二階も広いスペースがありますので、貸しきりで使うお客様もいます。

チョウジはイタリアのお料理ということで、もちろんワインも豊富です。
夜はコース料理や飲み放題のメニューなどもありますので駅付近に宿泊予定の方も楽しめますよ。

店名:レストランテ・チョウジ(CHOJI)
住所:山形県山形市双葉町1丁目6−8
電話:0236464023

チョウジは夜のディナーの時間も、ランチの時間も込み合うことが多いので、絶対に行きたい!という場合、予約した方が良さそうです。
ランチの時間ではランチメニューが1000円くらいからありますが、通常メニューを単品で頼むこともできます。

気さくなチョウジのオーナーと店員さんがもてなしてくれますよ。

私のはニョッキを頼んだのですが自分が知っているニョッキとは比べ物にならないくらい美味しかったので、また食べに行きたいと思っています。
もちろんピザやパスタもとても美味しいですよ。

シェフ、長崎県佐世保市にあるコスパ最高の洋食屋

店名:シェフ
住所:長崎県佐世保市椎木町832-5
電話:0956476230

シェフは、古き良き洋食屋さんと言う感じです。

佇まいも含めて昔感が漂っていますが決して悪いイメージではありません。

よく使い込まれたテーブルと椅子ですが、よく手入れされている感もあり好感が持てました。

シェフのオススメはやはり何といっても昼のランチ。
わずか600円です。しかも税込。

多めの白米がプレートに盛られもう一つの大プレートにはキャベツメインのサラダとハンバーグ2個、鳥モモ照り焼きがドーンと載っています。

シェフのハンバーグがまた手作り感タップリでファミレスのように形は整っていませんが味は絶品、ご飯が進み、足りなくなるほどでした。

サラダにかかるドレッシングもオレンジ色のどこか懐かしいレストランの雰囲気を醸し出しています。

近くに長崎県立大学や自動車学校があるためか昼時にはすぐ満員になり待たなければ入れなくなるため出来れば11時過ぎ頃から早めの昼食がお勧めです。

きちんとシェフの服装をされた愛想の良いマスターがとても感じが良く常連さんも多いようです。

シェフの駐車場は建物の一階部分に5、6台でしょうか。
店内は2〜4人がけのテーブルが10席ほど。

茶色い揚げ物や洋食をガッツリ食べたい時には必ず通う地元の名店だと思います。

学生さんなどコスパ最高、ボリューム満点のこのお店に胃袋を掴まれている方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

2 / 26ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén