蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

カテゴリー: 酒場

KOZMIC長屋バー(大阪市福島区)は昼は食事、夜はBarに早代わり!

お昼と夜でお店の名前が変わるというなんとも不思議なお店、KOZMIC長屋バーについてご紹介いたします!
なんといっても、このKOZMIC長屋バーのランチに注目です!
ランチはなんと”長屋オムライス”というお店で看板も出ています。

KOZMIC長屋バーの名前の通り、オムライスの専門店がお昼になるのですが、とにかく、テレビでたまに料理のプロがするような、ご飯の上にオムレツを乗っけて、真ん中をナイフで刺すと中からトロンと出てくるタイプのオムライスなんです!
これを聞いただけで食べたくなりますよね。笑

実際少し甘めの卵にはなるのですが、2つに割りたいのはやまやまなのですが、
「最後までとろとろの食感を楽しむために割らずに食べるのがオススメ」とのことなので、是非最後まで割らずに食べてみてください!
オムライスは、プレーン、チキン、ベーコンの3種類だけなのですが、お値段も670~770円ということで、コスパについても申し分ないぐらいの価格です。

夜になるとKOZMIC長屋というお店にまた変わるのですが、結構メニューが、サラミやビーフジャーキーといったアメリカンなメニューが多数あるので、かなりお酒が進んでしまうメニューばかりです。笑
お昼とはまた違った空気とメニューを楽しめるので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか!

店名:KOZMIC長屋バー
住所:大阪府大阪市福島区福島5-11-5
電話:050-5593-7626

鹿児島で地鶏を食べるならココ!「炭焼道場玉ちゃん」は至高の味。

鹿児島と言えば地鶏が有名ですが、数ある鹿児島の名店の中でもこのお店以上においしい地鶏を提供するところはありません。
その名も炭焼道場玉ちゃん。

相撲をやっていたというご主人が提供する地鶏の炭火焼は香ばしく、身がぷりぷりで非常にジューシー。
一度頼んで食べ終わったらまたもう一回頼んでしまう、そんな味です。

また、鹿児島には鶏刺しというものが存在します。
なんと、鶏肉を生で食べるのです。
鹿児島や宮崎では食べられるのですが、他の県の方にはなじみがないと思います。

炭焼道場玉ちゃんでは、この鶏刺しの味も格別。
他の店では考えられないくらい一切れが大きく、口の中で噛めるのだろうかと心配になりますが、身は非常にやわらかく、すぐになくなってしまいます。
鶏刺しも赤身と白身があり、赤身は非常にうまみがあり、白身はとてもさっぱりとした味わいです。

さらに〆には鶏飯が最高です。
鶏飯というのは奄美で食べられる郷土料理なのですが、ご飯に鶏肉と玉子や漬物をのせ、鶏ダシスープをかけていただきます。

この炭焼道場玉ちゃんでは、とにかく鶏ダシスープが濃厚。
その割には自然と口の中に入ってくるような食べやすさも持ち合わせています。

もちろんお酒も鹿児島の焼酎多数あり。
鹿児島で地鶏を食べるなら、炭焼道場玉ちゃん上のお店はなかなか見つからないと思います。

店名:炭焼道場玉ちゃん
住所:鹿児島県鹿児島市西田3丁目4-31
電話:099-255-0503

岡山で楽しむレゲエとジャークチキン、「ザイマカ」へ、いざ!

岡山駅西口にある寂れた(失礼な言い方?)商店街に、18時を過ぎるころになると、店主がおもむろに立て看板を出さなければ決して見つけることができない、ウナギの寝床のような場所にあるバーがあります。
それが今回紹介したい「ザイマカ」です。

店主セレクトのレゲエ音楽が心地よいバーなので、基本的にお酒メインなのですが、ちょっと面白いのが、食事を楽しみに来るお客さんも結構いるのです。
それもそのはず、店主は海外に料理の武者修行に出かけ、ジャンルにとらわれないおいしい料理を提供してくれるのです。
お通しでさえ、彼のお手製の一品で、行くたびに新しいものが出てきてそれも楽しみの一つになっています。

名物は「ジャークチキン」で、スパイスに付け込んだチキンをこれまたスパイスで炊いたライスと野菜の付け合せのワンプレートは下手なカフェ飯よりもよっぽどおしゃれでおいしいのです。
飲んだ〆にこれをオーダーする人も多い看板メニューです。

その他の料理・お酒も豊富でそれだけでも楽しめるのですが(値段もびっくりするくらい良心的でコスパの高いお店です)、一番の楽しみは店主との会話です。
見た目のインパクトが強烈なのですが、引き出しが多く、また話をしやすい癒しの雰囲気に彼に会いに来る常連さんがほとんどです。
あまり教えたくはないけど、でもおすすめのお店です、近くに行くことがあれば是非お立ち寄りください。

店名:ザイマカ
住所:岡山県岡山市北区奉還町3--7-21
電話:086-254-0420

台東区上野、れんこんと海老のはさみ揚げが絶品!「上野れんこん」。

上野れんこんへ友達と行ってきました!
テレビで紹介されていたので、ずっと気になっていたんですよね。
ということで、予約して上野れんこんに行ってきました。

れんこん料理ではないものもあったのですが、私たちはれんこんばかり食べていました。
中でも、れんこんと海老のはさみ揚げと、フライドレンコンはお勧めです!

上野れんこんのはさみ揚げは、周りのれんこんがサクサクで、中のエビがプリプリ!
しそが挟んであって嬉しいです。
これは家では絶対にできない料理だね、面倒でとてもできないね、と友達と話していました。

フライドレンコンも、とってもカリカリで、芋とは全く違う味わいです。
はさみ揚げは880円、フライドレンコン620円と少々お高めですが、れんこんは高いし、手間を考えたら妥当かなと思いました。
量は少しずつ出てきて、つまんで飲む感じでした。

揚げ物も多いので、お腹が膨れる人は膨れるかもしれないですね。
ザ・飲み屋って感です。

席は、上野れんこん二階の半個室の掘りごたつでしたので、リラックスして飲むことができました。
他にもすっぽん料理などがメニューに書いてあったのが気になりました。
是非予算があったら試してみたいです。

店名:上野れんこん
住所:東京都台東区上野4-9-1
電話:03-3831-5100

大阪茶屋町、ママ会にもおすすめ「きちり茶屋町阪急駅前店」。

忙しいママたちのちょっとした息抜きにオススメなお店が「きちり茶屋町阪急駅前店」です。
場所は、大阪梅田の阪急茶屋町駅から徒歩5分程の場所です。

駅から近いだけでなく、きちり茶屋町阪急駅前店がおすすめな理由としては、「キッズルームがある」「授乳室、オムツ替えルームがある」「ドリンク飲み放題」「お野菜たっぷりのバーニャカウダ食べ放題」「半個室のお席が充実」という点です。

キッズルームや授乳室などがあるので、ママ会は旦那さんがお休みで預けられる時という縛りが無くなる上、子ども同士で触れ合う時間ができます。
その上、きちり茶屋町阪急駅前店は、全てのランチメニューにドリンク飲み放題が付いています。
ソフトドリンクをはじめ、ハーブティーが充実していました。

お料理もプレートランチやパスタランチなどから選べました。
そして、全てのお料理にバーニャカウダの食べ放題が付いているので、ついつい食べながらお話しに夢中になってしまうのです。
さらに、きちり茶屋町阪急駅前店は、靴を脱いでくつろげる掘りごたつのお席ばかりで区切られたお席が多いので、隣の方を気にせずにお食事やお話すができます。

きちりというお店は他にも店舗が多く、他の店舗に伺ったことはありました。
他の店舗で、空いているグラスやお皿があるとすぐに下げてくれるだけでなくサッとオーダーを聞いていただけるのでとても親切な印象がありました。

会計時には靴が自分たちの分だけ出してもらえているのも嬉しいです。
そんな印象がよかったきちりでのランチはお料理もサービスもバッチリでゆっくりママたちとくつろげ、子どもたちもいっぱい遊べて親子ともに満足の時間でした。

店名:きちり茶屋町阪急駅前店
住所:大阪府大阪市北区茶屋町2-16 イースクエア茶屋町 4F
電話:06-6371-2348

丸の内の新国際ビル地下1階、馬刺しが美味しい「あづま」。

あづまは、東京駅丸の内南口より徒歩15分程度、京葉線東京駅より徒歩8分程度、有楽町駅より徒歩5分、日比谷駅より徒歩8分程度、と最寄り駅は多くアクセスは抜群です。
営業時間は23時までなので仕事帰りの丸の内のお父さん達でいつも賑わっています。
あづま店内は思いの外、奥行きがあり、思ったよりは広く感じました。

カウンター席などを通過し、奥の座席に案内されましたが、奥だからか追加注文などの際に店員さんに気付いてもらえず不便な思いをしました。
わたしは会社の内々の送別会で週末の夜にあづまを利用しましたが、お客さんはとても多かったですね。

熊本に縁があるようで、馬刺しや、辛子レンコンなどのメニューとお酒、それからやたら店内にくまモンを感じました(笑)
九州出身者としては、あづまに親近感が湧きました。

全体的に土地柄もあるのか、少しお高めでした。
コースもあるようでしたが、私たちは単品で数品オーダーしました。

あづまの馬刺しはとても美味しく、熊本から直送しているとの事で、さすがのお味でした。
馬刺しに抵抗があった同僚も最後は追加注文していました。
馬刺しはおすすめしたいです。

店名:あづま
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビルB1階
電話:03-3213-2728

善通寺市、和食・創作居酒屋レストラン「食楽遊房 吉風」。

吉風は、家族でランチタイムに利用しました。
ランチメニューは数種類しかありません。
その他の吉風のメニューも、ほとんどが一品ものだったので、ランチセットを注文するのが無難です。

私達は、吉風で一番安い900円のランチセットを注文しました。
日替わりのようでした。
居酒屋のお通しのような一品料理が何種類もきれいに盛り付けられていて、上品で贅沢な感じがしました。
ランチセットは刺身など、和食中心でしたが、中華や洋食、創作料理もついていました。

家ではこんなにたくさんの種類の料理を食べれないので、夜は居酒屋として営業している吉風ならではな気がしました。
味も美味しかったです。
その他の吉風のランチメニューは、1000円をこえていました。
2000円以上のもあり、最安のランチ以外は手が出ませんでした。

狭いスペースをうまく利用して、なるべくたくさんのお客さんが入れるように工夫しているようでした。
ただ、祖母は歩くのもゆっくりで広いスペースが必要なので、吉風の通路が狭いのが少し不満そうでした。
カウンター席もありました。

吉風来店時と会計の時に、カウンターで料理を作っている方が、元気に挨拶してくれました。
ホールの人も活気があり、いい意味でお客さんの事をちゃんと見ていました。

店名:食楽遊房 吉風
住所: 香川県善通寺市上吉田町4-9-41
電話:0877-85-3537

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén