蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

カテゴリー: 中華 (2ページ / 2ページ)

神戸市にある老舗の中華料理店、神仙閣の超贅沢なコース料理

店名:神仙閣 神戸店
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-1
電話:078-331-1263

神戸にある老舗中華料理店、神仙閣に父母、子どもの計6名で夕食に伺いました。
元町駅から徒歩5分くらいの所にあり、店の外観からして重厚な佇まいが印象的でした。

神仙閣の店内も、大きなふかひれのオブフェや水が流れていたり、これでもかというくらい高級感が演出されています。
通して貰ったのは、5階の半個室の空間で、15000円のコースを頂きました。

まず驚いたのは、神仙閣のオードブルの豪華さです。
豪華なイセエビのサラダや、ふかひれの刺身、豚の酢揚げ、アワビの煮込み、ローストビーフなど高級食材が目白押しで、そのもりつけの華やかさに驚きました。
正直、神仙閣はどの料理も美味しくて、特にアワビの煮込んだ料理はその柔らかさに感動しました。

続いて、紅白の海燕の巣の上湯スープ、ふかひれスープです。
スープが続く事で、この時点でかなり満腹気味でしたが、海燕のスープのあっさりとしながら深みのある味付けは流石だなと思います。

また、ふかひれスープに至っては、これでもかというくらい惜しみなく高級食材のふかひれが用いられており、さらにカニもたくさん入っていて本当に贅沢な一品でした。
さらに、鯛の姿煮、大きな帆立貝柱の煎り付け、ふかひれ餃子やジューシーなシュウマイ、とっても柔らかい中華風ステーキ、大振りのエビチリ、カニの揚げ物、エビ団子など覚えきれない程の料理の数々で、一年分の高級食材を食べた気分になりました。

デザートが持ってこられる頃には、満腹で食べきれない分はお持ち帰りにしてもらいました。
とにかく神仙閣は高級食材の目白押しで、その迫力と豪華さに圧倒され、終始テンションが上がりっぱなしです。

サービスも含め、トータルで大満足でしたが、量を考えると次回はもう少し安いコースでも良いかなと思います。
神仙閣、本格中華で贅沢をしたい方には本当におすすめの一店です。

永祥生煎館、池袋で本格焼き小籠包が食べられる!

皆さんの中にも小籠包がお好きな方は沢山いるかと思いますが、今回は焼き小籠包の美味しいお店をご紹介したいと思います。
永祥生煎館の焼き小籠包は何度かテレビでも紹介されているのですが、やはり紹介されるだけあります。
本当に永祥生煎館の焼き小籠包を食べたら他では食べれなくなってしまうくらいとっても美味しい焼き小籠包なんです。

そんな美味しい焼き小籠包が味わえるのは、池袋北口を出てすぐ、永祥正煎館さんです。
お店自体はお客さんが5~6人入れるかくらいの小さなお店になっていって、中にはほんとに少しだけカウンター席もあります。

永祥生煎館ではワンタンスープや春雨スープ、自家製の鶏や鴨肉料理なども味わえるのですが、一番必ずと言っていいほど食べてもらいたいのが焼き小籠包です。
毎回あつあつの出来立てを提供してくれるは、焼き小籠包好きにはたまりません。

永祥生煎館の焼き小籠包は外の皮はカリッともちもちで、一口噛んだ瞬間中からあつあつのジューシーなスープがたくさん溢れ出てきます。
スープはすこし甘めなスープなのですがコクがあってとても美味しいです。

そしてこのスープがあんを包んでいる皮と相性抜群で一つ食べだしたら止まりません。
お好みでラー油を少しかけてもアクセントになってとても美味しくなります。

お値段もそんなに高くないので、リーズナブルな価格で本格的な焼き小籠包が食べれるのはとても嬉しいですね。
永祥生煎館は、駅からもアクセスしやすい場所にあるので、皆さんも是非池袋に行った際は寄ってみて下さい。

店名:永祥生煎館
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目1-29-2 サンシティーホテル西側
電話:03-6914-1566

チャオチャオ福岡大名店、福岡で餃子を食べるならここ!

福岡では多くの餃子屋が軒を連ねており、有名店の数も多いです。
その中でも特におすすめしたいのが「チャオチャオ福岡大名店」です。

大名地区の西側にあるチャオチャオは、比較的小さくてカウンターと数台のテーブルしかありません。
そのため夜が更けるにつれて、店内はほぼ満員となり大変賑います。

このお店の看板メニューは、1人前2枚で560円の「チャオチャオ餃子」です。
シート状に連なったひと口サイズの餃子は、羽根がたっぷり付いてパリパリ、それでいて中身はジューシーな味わいが広がります。

他にも10種類以上のアレンジ餃子があり、おすすめはプリプリ海老餃子、鶏チーズ餃子(どちらも5個で390円)です。
ドリンクもビールから酎ハイ、焼酎、日本酒、テキーラまで揃っており、ほとんどが400円以下というリーズナブルな価格帯です。

チャオチャオの最大の魅力は、一次会だけでは物足りないけどお金に余裕がない、リーズナブルにちょい飲みしたいという時に1000円程度で楽しめるところです。
店員さんも親切で元気がよく、テキパキ接客してくださるので長く待たされることもありません。

チャオチャオ店内は活気があり、カウンターではつい隣のお客さんと初対面で話が弾んでしまうこともあって面白いです。
気軽に飲んで食べて、明日の英気を養えることでしょう。

店名:チャオチャオ福岡大名店
住所:福岡県福岡市大名2-2-57
電話:092-715-8898

平和軒、品川区大崎の昔ながらの中華麺のお店

日本人が大好きな中華麺。
ラーメン系は本当に大好きな一品です。

そして、中華麺、ラーメンは、昔ながらの中華麺、ザ、ラーメンのお店がいいですね。
いわいる、支那そばですね。

のれんをくぐったら、おじさんが麺を茹でて、こだわりの昔ながらのスープ、器には、お店の名前が書かれている。
そんなお店こそ、昔ながらの本物のお店と言うのだと思います。

そんなお店、平和軒が、大崎の立正大学の前の階段を登ったところに今もあります。
平和軒は、お店をみただけで、ここだ!とすぐわかるほどの本当に古いお店です。

のれんなんてボロボロで、腰の低いおじさんが一人でやっているお店です。
昔からの、代々やられている本家本格の中華のお店です。

平和軒おすすめは、お店の名前のはいった、平和ちゃんぽん。
710円です。
野菜がたっぷり入っていて、あっさり塩味で懐かし味です。

どんぶりからのぞく、平和軒と書かれたお店の名前、レンゲにも平和軒と書かれていて、これぞ昔ながらのの中華麺のお店そのものです。
一人でやられている、親父さんの腰の低さ、人のよさが、これだけ長く代々やられているというのが物語っていると思います。

大崎では平和軒は知る人ぞ知るお店です。
ぜひ元祖の味を食べてみたい方はぜひ。

行ってよかった。
これぞ昔ながらの味だ。
と大満足すると思います。

麺も手打ちでとても美味しいです。
ラーメンも本当に、素晴らしい昔ながらの支那そばです。
今では見ないなるとも入ってます。

店名:平和軒
住所:東京都品川区大崎3-1-16
電話:03-3493-3824

神仙閣 神戸店、三宮を代表する老舗の高級中国料理の名店

ランチタイムにうかがったのですが、もうビルひとつがすべて店舗となっており、フロアもたくさんあり、結婚式の二次会などにも利用されることもあるようです。
神仙閣は入った瞬間からラグジュアリーホテルのような雰囲気であり、1階はウェイティングスペースとなっています。
支配人の方もスーツをビシッと着こなしておられ、案内されてエレベーターで席に移動します。
席もそれぞれがパーティションで仕切られた上質な作りであり、円卓などもありますので、神仙閣は大人数にも対応してくれます。

神仙閣おすすめの料理は、セレクトコース(2名様より)です。
お値段は3300円(税抜)です。

まず最初に運ばれてくるのが、神仙閣のシェフ特製冷菜12品盛りで、これだけで十分に満足できますし、女子などインスタ映えを意識した人には感動する一皿です。
次に出てくるふかひれスープも実は玉子が底に沈んでいるのが驚きでした。

また、本日の海老料理、豚バラ角煮の黒酢ソース、牛タンの黒胡椒ソース炒め、季節の揚げ物三種盛り合わせ、ブリの煎り焼きキノコの香味ソースから2品選ぶことができます。
私は豚バラ角煮と海老料理が、神仙閣ではおすすめです。
豚バラは香ばしくてカリッと揚げられたようなオリジナル角煮になっており、黒酢のソースとの相性が抜群でした。

最後に手作り蒸し点心3種盛りと選べる麺/飯と、バナナの飴炊きと、杏仁豆腐かマンゴープリンを選ぶところで終了です。
お腹いっぱいだったので残ったものを持ち帰ることにしました。
神仙閣、とにかく贅沢なランチができます。

店名:神仙閣 神戸店
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-1
電話:078-331-1263

萬珍樓 點心舗(まんちんろう てんしんぽ)は横浜中華街の名店

店名:萬珍樓 點心舗(まんちんろう てんしんぽ)
住所:神奈川県横浜市中区山下町156
電話:045-664-4004

中華街に一歩入るとまるで中国、旅行気分を味わうことが出来、楽しいですよね。
ただ、食べ放題のお店、看板メニューのあるお店、スイーツのお店、など謳い文句もそれぞれですし、また何といっても飲食店数が多いので、選ぶのに迷うと思います。

萬珍樓 點心舗は、年齢層はやや上の方向け、デートや女性同士などの用途で、落ち着いて食事したいという方におすすめしたいお店になります。
お店はかなり広く、ゆったりしています。
萬珍樓 點心舗は、大きな円卓で高級感があります。

萬珍樓 點心舗のディナータイムは、中国伝統楽器による生演奏なんかもあり、雰囲気はすごく良いです。
メニューが有り過ぎておすすめに迷いますが、挙げるとしたら、「大海老のチリソース 3,700円」です。
大きな海老が贅沢にゴロゴロと使用され、また食感もプリプリで最高の一品です。

ただ、萬珍樓 點心舗は何を食べても正直美味しいです‥。
他、酢豚、点心、XO醤炒め、炒飯など、どれもハズレなしです。

一皿ごとの量が多いのですが、一品2,000円前後なので、ディナーで一人7,000くらいになります。
ややお高めです。

接客はかなり良いです。
大皿料理も全て取り分けて下さいますし、取り皿はどんどん変えてもらえます。
おみやも、マンゴープリンや杏仁豆腐などあり、萬珍樓 點心舗は大満足のお店になること間違いなしです。

博多駅博多口の旭軒の餃子は有名人にもファンが多い!

店名:旭軒 博多駅前本店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-15-22
電話:092-451-7896

博多駅博多口から徒歩3分ほどのところにあります。
博多口のビジネス街の中にある餃子の名店、旭軒 駅前本店さんです。

旭軒は、俳優の片岡愛之助さんの行きつけのお店として地元のテレビ番組で紹介されていましたが、九州の玄関口と言われるJR博多駅からすぐということもあり、地元の人はもちろん観光客や出張者の方も多く、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。

お店の外観は親しみやすい印象で、旭軒の店内はカウンター席、テーブル席、お座敷席もあります。

メインの焼餃子(10こ340円)は典型的な博多のひとくち餃子。
皮はパリパリッとしていて、中はふわふわっとかなりジューシー。
一人前10こですが、小ぶりサイズなので三人前ぐらい女性でも普通にいけそうです。

焼餃子のほかにも水餃子(10こ340円)、手羽先(1本90円)が人気のようで、手羽先は特に皆さん食べていらっしゃいました。
手羽先もビールに合う味付けでくせになるわ~!

マカロニサラダ、酢もつ(いずれも230円)と、フードメニューが全部安いんです。
旭軒はテイクアウトも可能で、お持ち帰りのお客さんも多かったですよ。

2 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén