蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

カテゴリー: グルメ (1ページ / 6ページ)

KOZMIC長屋バー(大阪市福島区)は昼は食事、夜はBarに早代わり!

お昼と夜でお店の名前が変わるというなんとも不思議なお店、KOZMIC長屋バーについてご紹介いたします!
なんといっても、このKOZMIC長屋バーのランチに注目です!
ランチはなんと”長屋オムライス”というお店で看板も出ています。

KOZMIC長屋バーの名前の通り、オムライスの専門店がお昼になるのですが、とにかく、テレビでたまに料理のプロがするような、ご飯の上にオムレツを乗っけて、真ん中をナイフで刺すと中からトロンと出てくるタイプのオムライスなんです!
これを聞いただけで食べたくなりますよね。笑

実際少し甘めの卵にはなるのですが、2つに割りたいのはやまやまなのですが、
「最後までとろとろの食感を楽しむために割らずに食べるのがオススメ」とのことなので、是非最後まで割らずに食べてみてください!
オムライスは、プレーン、チキン、ベーコンの3種類だけなのですが、お値段も670~770円ということで、コスパについても申し分ないぐらいの価格です。

夜になるとKOZMIC長屋というお店にまた変わるのですが、結構メニューが、サラミやビーフジャーキーといったアメリカンなメニューが多数あるので、かなりお酒が進んでしまうメニューばかりです。笑
お昼とはまた違った空気とメニューを楽しめるので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか!

店名:KOZMIC長屋バー
住所:大阪府大阪市福島区福島5-11-5
電話:050-5593-7626

豊島区西巣鴨、プリンスホテル経営の学食「鴨台食堂」。

学食とプリンスホテルというあまり縁が無さそうに感じる二つが何と合体。
西巣鴨にある大正大学内にあるプリンスホテル経営の学食を紹介します。
鴨台食堂の店名は「おうだいじきどう」と読みます。

こちらの鴨台食堂はプリンスホテルが経営してるとだけあって、料理が一流品。
しかも値段はリーズナブルといった、なんともうれしいお店なのです。

鴨台食堂おすすめは「網焼きサーロインステーキ」(1130円)。
130gのジューシーで肉厚のお肉がこのお値段で食べられるのは驚きですよね。
もちろん自慢のシェフのお手製ですので、味は申し分ありません。
しっかりとした肉のうまみを存分に楽しむことができます。

そのほかランチタイムには、日替わりスペシャルランチがあり、さまざまな料理の味を楽しむことができるので飽きが来ません。
ランチの後は、やっぱり甘いデザートが欲しくなりますよね。

もちろんデザート類も充実。
鴨台食堂おすすめは「トロピックスパンケーキ」(620円)。
ふんわり焼き上げたパンケーキの上に、みずみずしいフルーツやクリームを載せた贅沢な一品。
とろけるようなお味でホッと一息つくのにピッタリのデザートです。

そして、大学の校舎の最上階に店舗があるので眺望を楽しむこともできます。
お店は大学構内ですが一般のお客様も来店可能ですので、西巣鴨に足を運んだ際には、シェフ自慢のお味を堪能してみてはいかがですか。

店名:鴨台食堂
住所:東京都豊島区西巣鴨3丁目20番1号 大正大学5号館8階
電話:03-5907-3007

北九州市小倉北区、パスタといえば「ピアット」。

リストランテ・ピアットは、パスタやさんというよりは高級なイタリアンを思わせる店内です。
営業時間は11時から3時がランチタイム、夕方の5時半から夜の10時までがディナータイムです。定休日は月曜です。

ランチではリーベロランチ1680円がおすすめです。
リストランテ・ピアット自家製のパンに前菜の盛り合わせが出るのですが、とても手が込んでいて上品で、おいしいです。

パスタは本日のパスタから選びます。
トマト系、クリーム系、ガーリック系など取りそろっています。
このパスタがとても味付けも品もよく、量もちょうどよいですが+で増量もできます。

そしてデザートの盛り合わせがまたきれいで5品ほど乗ってきます。
あとはコーヒーなどがつきます。

いついってもリストランテ・ピアットは満席なので、予約していったほうがよいと思われます。
駐車スペースもあります。

女性に大人気ですが、たまにご夫婦も見かけます。
そして一年前くらいにリストランテ・ピアットにお子様セット(本格的)もできたので、子連れでも行きやすくなっています。
ワインセラーがおいてあり夜は飲みながら、おいしいパスタや前菜などに舌鼓をうてるので、何かイベント事に使うのもよいと思います。

店名:リストランテ・ピアット
住所:福岡県北九州市小倉北区中井5丁目14-12
電話:093-562-1333

熊本県熊本市南区十禅寺、「一風堂 熊本十禅寺店」のオススメ。

一風堂は福岡県の博多を本店に持つラーメンの店になりますが、熊本に数年前に登場してから熊本県民の間でとても話題になりました。
とんこつラーメンになりますが、とてもまろやかで豚骨感を思わせない幻のスープ感を味わうことができます。
その中の「白味元味720円」がオススメです。

とんこつスープというとこってりした印象ですが、このラーメンだと後味をひかず、むしろ食べた後もさっぱりしています。
豚骨というより何か特別なスープを使っているような不思議な味がします。
そして、もっとスープを飲みたくなるような感覚になります。
ラーメンは好みがあると思いますが、私は一風堂のラーメンが一番好きで絶品だと思っています。

そのほか、一風堂のチャーハンもとても美味しいです。
むしろ一風堂に来てチャーハンをメインにして食べて帰ってもいいくらいの味で納得いきます。
何回行っても飽きません。

接客も行き届いていてみなさんとてもいいです。
女性のスタッフもたくさんいますが、元気な声で対応してくれ、気づかいも細かく、みなさん平等に接してくださいます。
一度は行ってみる価値のあるおすすめのラーメン屋さんです。

店名:一風堂 熊本十禅寺店
住所:熊本県熊本市南区十禅寺「2-8-1
電話:096-312-2100

大分県由布市湯布院町、「陽だまり食堂」の絶品グルメ!

本当はあまり人には教えたくなかったのですが、大分県民として味を自慢したく、投稿しました。
陽だまり食堂は、駅から徒歩数分で、目立つ場所にあります。
地元の方なら全員が知ってるでしょう。

一番の陽だまり食堂お勧めは、何といってもとり天定食です。
酢醤油でとかしたからしをつけていただくのですが、その相性も抜群です。
ややあっさりめながら、口にいれるなり肉汁がじわっと広がり、ぷりぷりとした食感で、何とも言えない贅沢な気分になります。

そして揚げているのに全くくどくなく、いくらでも入る感じです。
それが何とも不思議でして。

湯布院に行くと必ず立ち寄りますし、これを食べないと損な気さえします。
料金は約900円程ですが、むしろ安いという感想です。

次の陽だまり食堂お勧めは団子汁定食です。
小麦粉で作った平たい麺で大分独自の料理です。
麺はもちもち感にあふれ、食べごたえ十分。

汁がまた絶妙なみそ味で、田舎の素朴な味がして何か懐かしさを覚えます。
いろんな野菜もたっぷり入っていて、とても健康的です。

夏場など食欲のない時にもするすると入ると思います。
料金は800円程と安いですし、小鉢に普段食べる事の少ない山菜などが付いてて、和みますし得した気分です。

湯布院にお越しの際は是非、陽だまり食堂に行ってください。
期待を裏切りません。
自信あります。

住所:由布市湯布院町川上2914-1
店名:陽だまり食堂
電話:0977-84-2270

東京都新宿、「築地食堂源ちゃん」のがっつりランチで大満足!

ランチ時に源ちゃんにお邪魔しました。
外観がかなりそそられます。
ここ絶対美味しい店だろ、然としています。
吸い込まれるように入店です。

そこでランチメニューのラインナップの多さにびっくりしました。
その種類なんと27種類。
日替わり定食に始まり海鮮丼だけで9種類、刺身定食や焼き魚定食などの魚系定食が6種類、その他ハンバーグやとんかつなどのお肉系も揃っています。

サイドメニューも充実しています。
お値段は全て1000円前後で、リーズナブルです。

わたしたちは焼きトロさば定食や和風おろしハンバーグ定食にもそそられましたが、ここは海鮮だろうと源ちゃん丼、海鮮あられ丼、いくらとサーモンの親子丼をオーダーしました。
なんでもこちらのお店の魚は全て築地から直送されているとのこと。

おそらく源ちゃん丼と海鮮あられ丼の具材は日替わりなのだと思いますが、源ちゃん丼には7種類のお刺身がのっていて、海鮮あられ丼は敷き詰められた錦糸玉子の上に海鮮がのっているちらしタイプでした。

お魚は新鮮でとても美味しかったし、お客さんも多く活気ある店内でしたが、そう待たされることもありませんでした。
なかなか立ち寄らない場所なのですが、機会があれば寄りたいお店です。

店名:築地食堂 源ちゃん
住所:東京都新宿区新宿2-3-15大橋御苑ビル1階
電話:03-6380-1901

鹿児島で地鶏を食べるならココ!「炭焼道場玉ちゃん」は至高の味。

鹿児島と言えば地鶏が有名ですが、数ある鹿児島の名店の中でもこのお店以上においしい地鶏を提供するところはありません。
その名も炭焼道場玉ちゃん。

相撲をやっていたというご主人が提供する地鶏の炭火焼は香ばしく、身がぷりぷりで非常にジューシー。
一度頼んで食べ終わったらまたもう一回頼んでしまう、そんな味です。

また、鹿児島には鶏刺しというものが存在します。
なんと、鶏肉を生で食べるのです。
鹿児島や宮崎では食べられるのですが、他の県の方にはなじみがないと思います。

炭焼道場玉ちゃんでは、この鶏刺しの味も格別。
他の店では考えられないくらい一切れが大きく、口の中で噛めるのだろうかと心配になりますが、身は非常にやわらかく、すぐになくなってしまいます。
鶏刺しも赤身と白身があり、赤身は非常にうまみがあり、白身はとてもさっぱりとした味わいです。

さらに〆には鶏飯が最高です。
鶏飯というのは奄美で食べられる郷土料理なのですが、ご飯に鶏肉と玉子や漬物をのせ、鶏ダシスープをかけていただきます。

この炭焼道場玉ちゃんでは、とにかく鶏ダシスープが濃厚。
その割には自然と口の中に入ってくるような食べやすさも持ち合わせています。

もちろんお酒も鹿児島の焼酎多数あり。
鹿児島で地鶏を食べるなら、炭焼道場玉ちゃん上のお店はなかなか見つからないと思います。

店名:炭焼道場玉ちゃん
住所:鹿児島県鹿児島市西田3丁目4-31
電話:099-255-0503

1 / 6ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén