10万、20万、30万、あるいは50万円といった、いわゆる少額の借入は、お借りるにしても返すにしても、数百万といった高額借入とは、色々な面が違ってきます。
支払いに困窮した際の賢い借金返済方法として債務整理があります。

しかし残念ながら、借入残高が小さい場合、費用対効果の面から言って、法的手続きは難しいケースが殆どです。
では、一体どうすれば良いのでしょうか?

賢い借金返済方法

ここでは、少額借入に絞って、賢い借金返済方法について解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

10万円の賢い借金返済方法

10万円までの比較的小さな金額の場合、一括での全額完済を前提にするのが賢い借金返済方法です。

多重債務で苦しむ人も、最初は小さな金額から始まっています。
一括で返せないなら、あとは節約あるのみです。

10万円までの返済なら、我慢我慢で、何とかなります。
これ以上、借入額が増えないように、注意が必要です。

20万円の賢い借金返済方法

20万までの場合は、基本的な考え方は10万までと同様です。
一括完済が賢い借金返済方法ですが、一括できる人が減るのが違いです。
日々の生活費を抑えて、完済することを優先しましょう。

30万円の賢い借金返済方法

30万となると、一括で返せる人は殆どいないのではないでしょうか?
そのため、賞与での支払いなどを考慮に入れ、半年~1年以内での完済を目指すのが賢い借金返済方法です。

ボーナスが出たら普段買えないものを購入したいとか、家族で旅行にいきたいとか、色々な想いはあると思いますが、我慢してください。
まずは借金返済です。

借りたお金を返すために、一番賢い方法は我慢なのです。

50万円の賢い借金返済方法

50万の借入があるなら、今が境界線だと思ってください。
貸金業規制法で少額借入とされているのは、50万円までであり、借金が50万を超えると完済するのは難しくなってきます。

もともと蓄えがないから借りている筈だと思いますが、そこに小さくない利息負担が伸し掛かってきます。
ボーナスは全額を支払いにあてるくらいの気持ちで臨むのが、賢い借金返済方法です。

リボ払いで、借りて返して、ということを繰り返しているなら、この記事を読んだことを機会に、考えを改めて欲しいと思います。
50万を年率18%で借りたら、毎月25000円づつ丸2年間の返済が必要です。
頑張りましょう。

50万未満の賢い借金返済方法の相談先

小額借入の場合、弁護士もあまり相手にはしてくれません。
支払いから解放される究極の賢い借金返済方法といえば自己破産ですが、自己破産するために費用がどれくらい掛かるか知っていますか?

東京都の弁護士相場では、最低でも50万円以上は必要です。
ですので、あまりに低い金額の場合は、相談しても取り合ってくれないのです。
弁護士もビジネスですからね。

債務問題を法的手続きで解決できるかは、借金減額シミュレーターを使って確認することも可能ですので、以下のサイトを参考にしてみてください。

参考:賢い借金返済