三井住友海上火災の自動車保険に加入していました。
被保険者の範囲は家族で、私もその車で運転もしていましたが、事故を起こしてしまった時の立場は同乗者でした。
家族に自宅から駅まで車で送ってもらっていたその時、交差点の信号は赤、駅は目の前でした。

左後部座席に乗っていた私は、もうここで降りると運転している家族に伝え、扉の後方を確認せずにドアを開けてしまいました。
ちょうどそこにスクーターが信号待ちの列に並ぶように入ってきたところでした。
スクーターに乗られていた女性の右手の指を骨折させてしまったのです。

運転中の接触事故として警察と三井住友海上火災へ連絡をし、検証をおこなってもらいました。
その後が少しこじれたのです。

事故から2か月程たって自動車保険会社からも支払完了の連絡をいただいた頃、相手の女性のご主人から電話が度々かかってくるようになったのです。

事故後、何回かお見舞いには伺ったのですが、「それでは足りない、今後も毎日顔を見せろ。」「傷みは続いている。保険会社の支払いではなく、お前たち家族の誠意を見せろ」というのです。

あまりの語調に恐怖を覚え、電話内容を録音したうえで三井住友海上火災に連絡を取りました。
保険会社の方の話によると骨折自体は病院の診断で確かに治癒しており、慰謝料を含めて治療費の支払いは、先日の案内の通り完了しているとのことでした。

治癒後も傷みが残るケースはあるものの、そういった傷みはむち打ちなどと同じで客観的な判断ができないため、それを含めて慰謝料を加算して支払っている(それは先方も了解している)とのことでした。

しかし、これは危険なケースということで、三井住友海上火災の方のすすめで弁護士の方に入っていただくことになりました。
もちろん自動車保険の示談サービスの一環ですので料金はかかりません。

その後暫くして一度相手のご主人の方から電話をいただきました。
どちらかというと怒鳴って悪かったとの謝罪の様な電話でした。
精神的にかなり参っていた私たち家族でしたが、漸くほっとすることができました。

尚、けがをされた奥様には最後のお見舞いの時にお会いすることができ、もう心配しないでと声を掛けていただきました。
もちろん、事故を起こした私が悪いのです。

ですが、こういった時に第三者に入っていただくことがとても大事だとも思いました。
相談後、すぐに対応してくださった三井住友海上火災の担当者の方と弁護士さんに今でも感謝しています。

参考:三井住友海上 自動車保険は安い?口コミ・評判は?

三井住友海上火災自動車保険の補償グレードアップの口コミ・評判

現在加入している三井住友海上火災自動車保険に加入してからそろそろ20年くらいになっています。
初めの頃と比べるとずいぶん自動車保険の内容も変わってきたものだと感じざるを得ません。

20年くらい前には今のように対人賠償においても無制限補償が常識というわけではなく、有限である場合もかなりありました。
それがいつの間にか、対人賠償は無制限補償が当たり前になり、今では有限である方が珍しいようです。

もっと違っているのは対物賠償です。
やはり20年くらい前には500万円くらいであったと思いますが、これもだんだん金額が上がってきて今では無制限にしています。

あくまでも人に対してではなく物に対する賠償ですから、無制限が必要がどうかは議論があるかもしれません。
それでも無制限補償となれば、安心感はあるのでしょう。

その他にも無保険車補償とか搭乗者補償とか、以前にはあまり重視されていないような補償も、当たり前のようにプラスされています。
それだけ、事故に対する賠償の価値観が変わってきたということでもあるでしょう。

自動車に載ることは、それだけ責任が重いということを、三井住友海上火災自動車保険の内容を確認することで感じられるようになったのかもしれません。