店名:sahan
住所:神奈川県鎌倉市御成町13-38 萩原ビル 2F
電話:0467-24-6182

sahanは、JR鎌倉駅から135mの距離にあります。
鎌倉駅西口を出て、線路沿いに横浜方面へ少し戻るとsahanの看板が見えてきます。

ドアを開けて少し急な階段を登った先には、大きな窓から光が差し込む明るいお店が現われます。

入ってすぐのレジで注文をして支払いを済ませると番号札が渡され、番号が呼ばれたら自分で受け取りに行くセルフサービススタイルになっています。
渡された番号札は、カモメの形をした可愛らしい番号札でした。

開放感のあるsahan店内は、テーブル8席と窓側のカウンターが8席。
カウンターは鎌倉駅のホームと向かい合わせの形になっていて、横須賀線を眺めながら定食を食べることができます。

店名のsahanは、店主の「日常のごくありふれたことと、普通のことを大切にしたい」という思いが込められているとのこと。

そんな思いがこもった定食は2週間ごとにパンとご飯が入れ替わるようになっていて、私が頂いたのは小鉢が3つ付いた「ご飯の定食」でした。
小鉢はそれぞれ工夫を凝らしたもので、鎌倉名物のシラスや野菜も堪能することができました。

sahanは鎌倉らしい素朴で優しい定食が楽しめるお店です。
営業時間は11:30~21:00。
私はランチを頂きましたが、次回はぜひ夜の定食も食べてみたいと思っています。