岡山駅西口にある寂れた(失礼な言い方?)商店街に、18時を過ぎるころになると、店主がおもむろに立て看板を出さなければ決して見つけることができない、ウナギの寝床のような場所にあるバーがあります。
それが今回紹介したい「ザイマカ」です。

店主セレクトのレゲエ音楽が心地よいバーなので、基本的にお酒メインなのですが、ちょっと面白いのが、食事を楽しみに来るお客さんも結構いるのです。
それもそのはず、店主は海外に料理の武者修行に出かけ、ジャンルにとらわれないおいしい料理を提供してくれるのです。
お通しでさえ、彼のお手製の一品で、行くたびに新しいものが出てきてそれも楽しみの一つになっています。

名物は「ジャークチキン」で、スパイスに付け込んだチキンをこれまたスパイスで炊いたライスと野菜の付け合せのワンプレートは下手なカフェ飯よりもよっぽどおしゃれでおいしいのです。
飲んだ〆にこれをオーダーする人も多い看板メニューです。

その他の料理・お酒も豊富でそれだけでも楽しめるのですが(値段もびっくりするくらい良心的でコスパの高いお店です)、一番の楽しみは店主との会話です。
見た目のインパクトが強烈なのですが、引き出しが多く、また話をしやすい癒しの雰囲気に彼に会いに来る常連さんがほとんどです。
あまり教えたくはないけど、でもおすすめのお店です、近くに行くことがあれば是非お立ち寄りください。

店名:ザイマカ
住所:岡山県岡山市北区奉還町3--7-21
電話:086-254-0420